施工中の現場紹介

静間仁摩道路 逢浜川橋PC上部工事

 島根県は、東西に230㎞と細長く、公共交通機関が十分でないため、人や物の移動のほとんどを自動車に頼っています。県の東西を結ぶ幹線道路の国道9号線は、多数の通過車両と生活車両が混在しています。山陰自動車道(山陰道)は、交通混雑の解消による交通事故防止、日常生活や経済活動で一般国道9号の現道部は、急カーブや急勾配が連続する区間が多く、死亡事故につながる重大事故が発生しやすい状況にあります。 また、国際規格コンテナ通行支障区間では、事故や災害時には通行止めが発生し大幅な迂回が必要となるなど、社会経済活動に大きな支障をきたしています。
 静間・仁摩道路は、この様な課題を解決するために計画された道路で、島根県大田市静間町から大田市仁摩町大国に至る延長7.9kmの自動車専用道路で、平成20年度に事業着手しています。本橋は、同事業で整備される島根県大田市五十猛町の二級河川逢浜川を跨ぐ橋梁で、橋長225mのPC3径間連続ラーメン箱桁橋です。

施工中の現場紹介 | 2018年9月6日~2020年12月28日

3号橋

本工事は、高規格道路「金谷御前崎連絡道路」のうち、国道1号菊川IC~国道473号倉沢ICにある3号橋(菊川の里大橋)です。
「金谷御前崎連絡道路」は、新東名高速道路の島田金谷ICから国道1号を経由して、富士山静岡空港、東名相良牧之原ICを経て、御前崎港とを連絡する全長約30kmの規格の高い道路です。
静岡県内にある『陸』『海』『空』の交通ネットワークの各拠点を結ぶことで、静岡県内外との交流の拡大や産業の振興に大きなインパクトを与えることとなる道路の一部です。

施工中の現場紹介 | 2018年10月12日~2021年10月29日

河津ICAランプ橋

伊豆縦貫自動車道は、静岡県沼津市から下田市を結ぶ延長約60㎞の一般国道自動車専用道路で、全国的な高速交通体系である高規格幹線道路に位置づけられた路線です。
本自動車道は、国土の主軸上に位置する沼津市や三島市を伊豆地域と東名及び新東名高速と連絡することにより高速交通体系から取り残された伊豆半島へ高速交通サービスを提供し、海・山などの自然環境や温泉などの観光資源に恵まれた伊豆地域の発展に大きな役割を果たすとともに、伊豆地域の交通混雑緩和を図るなど伊豆地域全体の道路網強化も期待されます。
その中でもこの河津下田道路は、並行する国道414号の未改良区間の代替路線(救急医療搬送、緊急輸送)及び観光交通の集中による慢性的な交通混雑の緩和を目的として計画された自動車専用道路です。
河津下田道路は、伊豆縦貫自動車道の南端部を構成し、下田IC(仮称)から河津町梨本(仮称:河津IC)までの延長12.5kmの区間として事業化されています。

施工中の現場紹介 | 2019年12月23日~2022年1月7日

二部高架橋

 一般国道9号は東西を結ぶ唯一の幹線道路であり、近隣に代替路となる幹線道路が無く、通行止め時は大幅な迂回が必要です。また通行止め時は、日常の生活及び経済活動として必要な交通機能が損なわれ、また緊急輸送道路についても未確保の状況となっています。
 湖陵・多伎道路は、緊急輸送道路の確保及び第3次医療施設への速達性の向上等を目的とした島根県出雲市湖陵町三部から出雲市多伎町久村に至る延長4.5kmの自動車専用道路です。

施工中の現場紹介 | 2020年1月29日~2022年2月29日

新九頭竜橋(仮称)その1、その2

 本橋は福井県福井市に位置する橋梁です。国道416号の福井市開発町を起点に、九頭竜川を渡り坂井市に至る延長約6.7㎞の幹線道路で、このうち九頭竜川に架橋される約415mが新九頭竜橋(仮称)となります。
 橋梁の中央部に新幹線、両側に道路(上り線:下り線)を整備する計画で、新幹線と道路が橋脚を共有する全国初の一体橋であり、県道の間を新幹線が走行するとてもめずらしいスポットとなります。
 上部工本体工事は、途中出水期となる工事中断期間を挟み3ヶ年に分けて整備し、河川の両岸から急ピッチで施工を進めています。
 この道路を整備することにより広域ネットワークを形成し、物流・交流の活性化や交通渋滞の緩和と交通の円滑化が図られるため、早期の共用開始が期待されます。

施工中の現場紹介 | 2018年3月16日~2020年6月15日

;