施工中の現場紹介



静間仁摩道路静間跨線橋PC上部工事

島根県は、東西に230㎞と細長く、公共交通機関が十分でないため、人や物の移動のほとんどを自動車に頼っています。県の東西を結ぶ幹線道路の国道9号線は、多数の通過車両と生活車両が混在しています。山陰自動車道(山陰道)は、交通混雑の解消による交通事故防止、日常生活や経済活動で一般国道9号の現道部は、急カーブや急勾配が連続する区間が多く、死亡事故につながる重大事故が発生しやすい状況にあります。 また、国際規格コンテナ通行支障トンネルや、事故や災害時には通行止めが発生し大幅な迂回が必要となるなど、社会経済活動に大きな支障をきたしています。

静間・仁摩道路は、この様な課題を解決するために計画された道路で、島根県大田市静間町から大田市仁摩町大国に至る延長7.9kmの自動車専用道路で、平成20年度に事業着手しています。本橋は、同事業で整備される島根県大田市静間町に位置し、同路線唯一の跨線橋で、橋長113mのPC2径間連続ラーメン箱桁橋です。

施工中の現場紹介 | 平成30年2月21日~平成31年3月29日



東海環状池尻第2高架橋PC上部工事

本橋が属する東海環状自動車道は、愛知県豊田市を起点とし、愛知県瀬戸市、岐阜県岐阜市および大垣市などの主要都市を経て三重県四日市市に至る延長約160㎞の高規格幹線道路です。三重県の頭文字である「M」、同じく愛知県の「A」、岐阜県「G」を組み合わせて、「MAGロード」と命名されました。マグネット(磁石)のように、それぞれの地域を引き付ける道路という意味も込められています。

本橋は、このうち大垣西IC~大野神戸IC間に位置する橋長305.0mのPC9径間連結コンポ桁橋で、岐阜国道事務所から発注される工事の中でも最大規模のPC連結コンポ橋となっています。

施工中の現場紹介 | 平成29年9月9日~平成31年5月31日



湯の山大橋(専用サイトへ)

一般県道湯の山温泉線は、近鉄湯の山温泉駅付近から湯の山温泉街のある湯の山地区を結ぶ唯一の道路で、地域住民の重要な生活道路であるとともに、県内の主要観光地へのアクセス道路として多くの方々に利用されています。
しかしながら、この道路には迂回路がなく、平成20年9月の豪雨による土砂崩落等で道路が通行不能となり、湯の山地区が一時的に孤立状態となる等、災害時や緊急時における地域住民や観光客の安全・安心の確保が課題となっていました。
そこで、当路線と国道477号を結ぶ湯の山大橋(仮称)を架橋し、災害発生時等の迂回路を確保することを目的として平成21年度に事業化されました。

当工事は湯の山大橋(仮称)のうち、上部工を施工するもので、架設工法には張り出し架設工法を採用しています。

施工中の現場紹介 | 平成27年12月21日〜平成30年8月30日

;