鯖江〜福井IC間床版取替工事

 私たちが請け負っている工事は、北陸自動車道の更新工事です。
 現在の高速道路は、老朽化が進んでおり、開通から約30年を超える道路が多くなっています。そのため、損傷したRC(鉄筋コンクリート)床版を、より耐久性のあるプレキャストPC(プレストレストコンクリート)床版に取り替えることを目的としています。床版取替以外にも床版打換や鋼桁の塗り替え塗装、支承取替えなども行います。PC(プレストレストコンクリート)とは「あらかじめ応力を与えられたコンクリート」ということです。その技術を使うことによってコンクリートの弱点でもある圧縮には強く引張には弱い性質を克服できます。
 下記に記す通り、2021年7月6日~2026年1月10日の工期の中で4橋を施工します。構造形式や橋長、桁下条件などで施工条件がどの橋梁も異なるため、施工計画を含め、安全面でも非常に気を付けなければなりません。特に気を付ける事として、光ケーブルの損傷防止や隣接する市道を通る一般車両、河川への汚濁水流出などに注意して施工を進めていきます。

工事概要

工事名 北陸自動車道(特定更新等)鯖江IC~福井IC間床版取替工事(その1)
発注者 中日本高速道路株式会社 金沢支社
工期 2021年7月6日~2026年1月10日
工事場所 福井県福井市
構造形式 浅水川第1橋:鋼(2)径間連続非合成鈑桁橋  天王第1高架橋:PC1径間合成桁
太田高架橋:PC1径間合成桁、鋼(2+3)径間連続非合成鈑桁橋
足羽川橋:鋼(2+3)径間連続非合成鈑桁橋
橋長 浅水川第1橋:121.8m   天王第1高架橋:30m
太田高架橋:188.05m     足羽川橋:204m
幅員 浅水川第1橋:10.0m   天王第1高架橋:10.0m
太田高架橋:10.0m      足羽川橋:10.0m

施工状況

2022年4月進捗状況

現在GW明けの太田高架橋P3~A2径間の床版取替工事に向けて足場の設置や作業ヤードの設置を行っています。施工期間が交通規制の絡みから70日間と限られているので万全の準備を行って安全に施工を行います。また並行して施工計画の作成や基準試験なども準備しています。
3月末進捗率 1.6%

  • <
    >

図面

▶︎側面図

▶︎断面図

;