会社の歴史(沿革)

高度成長、激動、創立60周年、そして、新たなる挑戦と様々な時代を生き抜いた株式会社日本ピーエスの歴史を振り返ります。

1952年(昭和27年) 創業4月1日
社名 敦賀ピー・エス・コンクリート株式会社社長に有馬 義夫が就任
フレシネー定着工法による、ピー・エス・コンクリート製品の生産開始
1953年(昭和28年) 福井県知事登録許可
ポストテンション工法による日本初の道路橋「十郷橋」完成
1954年(昭和29年) 社名を「日本ピー・エス・コンクリート株式会社」に変更
1955年(昭和30年) 新工場建設に伴い本社を移転
1956年(昭和31年) 大阪営業所開設(現 関西支店)
建設大臣登録許可
1958年(昭和33年) 名古屋営業所開設(現 中部支店)
東京営業所開設(現 東京支店)
1959年(昭和34年) 福岡営業所開設(現 九州支店)
1961年(昭和36年) プレストレストコンクリート橋けた日本工業規格表示工場(JIS A 5313)許可
1964年(昭和39年) 北陸営業所開設(現 北陸支店)
1965年(昭和40年) プレストレストコンクリート橋けた日本工業規格表示工場(JIS A 5319、JIS A 5316)許可
1971年(昭和46年) 仙台出張所開設(現 東北支店)
1975年(昭和50年) 広島出張所開設(現 中国支店)
1982年(昭和57年) 会長に有馬 義夫、2代目社長に久保 良太が就任
1987年(昭和62年) 本社新社屋完成
1992年(平成4年) 創立40周年
社名を株式会社日本ピーエスに変更
1998年(平成10年) ISO9001 認証取得
2000年(平成12年) 新敦賀工場完成
2002年(平成14年) 創立50周年
2004年(平成16年) ISO14001 認証取得
2008年(平成20年) 日本工業規格適合性認証取得(JIS A 5308、JIS A 5373)
会長に久保 良太、3代目社長に室 孝士が就任
2011年(平成23年) 中部・中国・九州支店が OHSAS18001 認証取得(労働安全衛生マネジメントシステム)
2012年(平成24年) 創立60周年
2014年(平成26年) 十郷橋 土木学会選奨土木遺産に認定(我が国初のポストテンション方式道路橋)
2016年(平成28年) 4代目社長に有馬 浩史が就任
2017年(平成29年) 株式会社エッチアンドビーシステムを完全子会社化
;