次世代育成支援行動計画

社員のワークライフバランスを向上させ、働きやすい環境を整備することによって、社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間

2.内容

目標1│ 育児短時間勤務制度を拡充する

<対策>

・育児短時間勤務は3歳未満となっているが、取得期間の延長を検討・導入する。

・社内情報共有ソフトにより、制度の導入を全社員に周知する。

目標2│ フレックスタイム制度・テレワークの導入検討

<対策>

・育児・介護に対して柔軟な働き方ができるようにフレックスタイム制度・テレワークの導入を検討する。

目標3│ 所定外労働時間の削減

<対策>

・ダラダラ残業、付き合い残業等、無駄な労働時間の削減をポスター掲示や職場懇談会で周知する。

・社内会議の所定外労働時間外の開催禁止、緊急な用件以外の社内電話の18:00以降禁止を徹底する。

目標4│ 年次有給休暇の取得の促進

<対策>

・有給休暇の計画的付与制度を導入する。

・有給休暇の取得率を平成29年度と比較して120%以上とする。

目標5│ インターンシップによる就業体験機会の提供

<対策>

・学校との連携を図り、積極的にインターンシップの受け入れを行う。

・実施目標は、毎年度30人以上とする。

;