静間仁摩道路 逢浜川橋PC上部工事

 島根県は、東西に230㎞と細長く、公共交通機関が十分でないため、人や物の移動のほとんどを自動車に頼っています。県の東西を結ぶ幹線道路の国道9号線は、多数の通過車両と生活車両が混在しています。山陰自動車道(山陰道)は、交通混雑の解消による交通事故防止、日常生活や経済活動で一般国道9号の現道部は、急カーブや急勾配が連続する区間が多く、死亡事故につながる重大事故が発生しやすい状況にあります。 また、国際規格コンテナ通行支障区間では、事故や災害時には通行止めが発生し大幅な迂回が必要となるなど、社会経済活動に大きな支障をきたしています。
 静間・仁摩道路は、この様な課題を解決するために計画された道路で、島根県大田市静間町から大田市仁摩町大国に至る延長7.9kmの自動車専用道路で、平成20年度に事業着手しています。本橋は、同事業で整備される島根県大田市五十猛町の二級河川逢浜川を跨ぐ橋梁で、橋長225mのPC3径間連続ラーメン箱桁橋です。

工事概要

工事名 静間仁摩道路 逢浜川橋PC上部工事
発注者 国土交通省 中国地方整備局 松江国道事務所
工期 平成30年9月6日~平成32年12月28日
工事場所 〒694-0035 島根県大田市五十猛町 地内
構造形式 ポストテンションPC3径間連続ラーメン方式
橋長 225.000m
幅員 9.500m

図面

▶︎側面図

▶︎断面図

;