北丘高架橋

交通手段の多くを車に依存している沖縄県では、慢性的な交通渋滞の解消のために幹線道路ネットワークの整備が進められています。
これまでも道路整備は進められてきましたが、人口、自動車台数あたりの道路延長は、全国平均の約60%と低く、増加する交通需要や多様化する利用者のニーズに対応する必要があります。
その幹線道路ネットワークの一部である与那原・南風原バイパスの開通によって
①国道329号の渋滞緩和並びに物流、観光拠点などへのアクセス向上。
②中城マリンタウンプロジェクトや大型商業施設の誘致による地域の活性化。
③中部東海岸地域から、南部医療センターへの搬送時間の短縮。
以上の3点がストック効果として期待されています。
本橋は、延長2.8kmの南風原バイパスの一部で橋長127.0mのポストテンション方式PC2径間連続箱桁橋で、南部医療センター近くで施工中です。

工事概要

工事名 平成30年度北丘高架橋上部工(UDP10~UDA2)工事
発注者 内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部
工期 平成30年10月30日~令和2年3月25日
工事場所 沖縄県島尻郡南風原町字宮平地内
構造形式 ポストテンション方式PC2径間連続箱桁橋
橋長 127.0m
幅員 15.2m~24.8m

施工状況

2020年6月進捗状況

 沖縄は梅雨明けし、いよいよ夏本番となりました。
 現在橋梁本体工事は完了して、支保工解体の真っ最中です。
 支保工の大部分が車道および歩道に近接しており、毎日、気が抜けない作業となっています。そんな中、解体は順調に進んでいます。
 支保工解体と並行していたA2パラペットのコンクリート打設も完了し、今後は落橋防止装置、検査路、排水管の施工を行っていきます。
 今までは支保工で見えなかった橋が、支保工解体でお披露目されてきて、いよいよ現場も終盤となっています。

 

  • <
    >

2020年5月進捗状況

 主ケーブル緊張およびPCグラウト、さらに壁高欄コンクリート打設がGW前に完了しました。
 主ケーブル緊張は、通常2組の緊張機器で施工しますが、今回は施工性を考慮して7組で施工して、工程短縮出来ました。
 5/11(月)に沖縄地方も梅雨入りし、現在5/15(金)時点で台風1号も接近してくる予報です。
 5/18(月)からは、いよいよ支保工解体に本格着手していきます。雨および強風対策を十分実施しながら、残工事を安全第一で施工していきます。

 

  • <
    >

2020年4月進捗状況

 3/20(金)に主桁コンクリート全14回の打設が無事完了しました。
 本格着工から約1年と時間を要しましたが、出来栄えよく施工出来たと思います。
 現在、縦締めPC鋼材全96ケーブルを緊張作業中です。
 GWまでに緊張完了した縦締めPC鋼材のグラウトと壁高欄のコンクリート打設の完
 了に向けて、施工中です。

 

  • <
    >

2020年3月進捗状況

 3/18(水)、3/20(金)に2次施工の上床版を2分割でコンクリート打設して、いよいよ主桁の打設が完了します。
 この主桁打設完了に伴い、主ケーブルの挿入→緊張→グラウトとなりますが、96ケーブルと本数が多いので、安全でスムーズな施工となるように計画の最終チェック中です。
 沖縄はもう夏に差し掛かっていますので、熱中症対策も合わせて実施していきます。

 

  • <
    >

2020年2月進捗状況

・1次施工は、1/29に中間技術検査・既済検査も無事終了しました。
 現在は、2次施工上床版コンクリート打設(2分割)3/18,3/20に向けて、型枠組立中です。

  • <
    >

2020年1月進捗状況

・1次施工は9回に分けた主桁コンクリート打設(約1600㎥)が完了しました。
 2次施工も5分割の内、2回分(約280㎥)の主桁コンクリート打設が完了しました。
 これからは、付属物工として壁高欄にも着手していきます。

  • <
    >

2019年12月進捗状況

・現場は最盛期を迎え、1次施工と2次施工を同時進行中です。
 1次施工・・・上床版部の3回目のコンクリート打設で完成
 2次施工・・・下床版鉄筋組立完了→型枠組立中→来年1月初旬コンクリート打設予定。

  • <
    >

2019年11月進捗状況

  • <
    >

図面

▶︎側面図

▶︎断面図

;