スパンバイスパン工法による架設
                                                                               
   ストックヤードよりプレキャストセグメント(ブロック)をトレーラーにて搬送し、架設機(エレクションガーター)にてプレキャストセグメントを順次吊り上げ接合し、1径間毎架設していく工法です。
         
         
 
 
 
 
  長島高架橋
 
 
 
 
 
 
         
         
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                                               
  【 施工順序 】  
 
<STEP1> 搬入 ストックヤードより専用トレーラーにて架設地点へ搬送。
スパンバイスパン工法による架設
<STEP2> 吊り上げ 架設機吊り装置にて、吊り上げ旋回し、所定位置へ移動。
スパンバイスパン工法による架設
<STEP3> 接合 1径間分吊り上げ調整を行い、接着剤を塗布した後、引き寄せ鋼棒でセグメントの一体化を行う。 
スパンバイスパン工法による架設 
<STEP4> 緊張 径間両端の無筋目地にコンクリートを打設し、硬化後主ケーブルの挿入、緊張を行う。 
スパンバイスパン工法による架設
<STEP5> 架設機移動 架設機を次径間に移動させる。
スパンバイスパン工法による架設
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  閉じる