押出し架設
                                                                               
   けた橋背面に設置したけた製作ヤードで10m~20mの橋体ブロックを製作し、これを順次繋げて架設していく工法です。
 先端に鋼製の手延べけたを取り付けて押出します。けた下空間が無くても交差道路の通行が可能です。
         
         
 
 
 
 
  木津高架橋
 
 
 
 
 
         
         
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                                               
  【 施工順序 】  
 
  ① けたヤードで第1ブロックを製作し、先端に手延けたを接続する。
押出し架設
  ② 順次ブロックを製作し、けたを押し出す。
押出し架設
  ③ 第1ブロックが所定橋脚に押し出されたら、手延けたを撤去し橋体が完了する。
押出し架設
  ④ 橋面工を施工する。
押出し架設
       
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
       
  閉じる