HOME  >> 施工中の現場紹介
             
         轟4号橋 上部工工事     
       
             
    【 事業概要 】     
       
           本橋梁は中部縦貫自動車道の一部である永平寺大野道路に位置しています。
 中部縦貫自動車道とは、長野県松本市を起点に飛騨、美濃、奥越地方の険しい山岳地帯を通り、福井市に至る
延長約160kmの高規格幹線道路です。中部縦貫自動車道を整備することにより

   ①北陸圏、中京圏、関東圏を結ぶ広域ネットワークの完成
     災害時の代替路線となる我が国の東西をつなぐ重要な道路となります。
   ②地域経済の活性化、地域活力の強化
     大都市へのアクセスの向上・安定した物流ルートを確保することにより市場の拡大が図られます。
   ③地域生活の安全安心の確保
     医療機関へのアクセスの向上や現道の道路線形の不良箇所が解消されることにより交通事故の減少が
     図られます。

 以上のような効果が期待されます
     
   
案内図はこちら
 
           【 工事概要 】
 
   工 事 名:永平寺大野道路轟4号橋上部工事
   発 注 者:国土交通省 近畿地方整備局
   工  期:平成26年6月~平成28年2月
   工事場所:福井県吉田郡永平寺町轟 地先
   構造形式:PC3径間連続ラーメン箱桁橋
   橋  長:216.0m
   支  間:60.0m+94.0m+60.0m
   総 幅 員:11.15m
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
   
  【 施工状況 】
写真の切り換えはサムネイルをクリックして下さい。
 
    平成28年4月の状況    
       
          
           
           
    平成28年1月の状況
側径間施工中
   
       
          
           
           
    平成27年9月~平成27年11月の状況
(ドローンによる航空写真)
   
       
          
           
           
    平成27年7月~平成27年8月の状況
(ドローンによる航空写真)
   
       
          
           
           
    平成27年5月~平成27年6月の状況    
       
          
           
           
    平成27年2月~平成27年4月の状況    
       
          
           
    平成26年10月~平成27年1月の状況    
             
          
           
   
                                                                                     
       
Copyright(C) 1999-2017 NIPPON P.S CO.,LTD. All Right Reserved