弊社が施工した「新花沢橋(スーパープレテンション橋)」が、専門誌
   「コンクリート工学」10月号の表紙の写真に採用されました。( 2015. 10)
 
   スーパープレテンション橋は、高強度PC鋼材と高強度コンクリート技術の融合により可能となった高性能プレテンションけたで構成されます。

 高性能プレテンションけたは、これまでのプレテンションけたの利点をさらに向上させたもので、PC橋の更なる軽量化と高耐久性を可能にします。
 高強度コンクリートの持つ高耐久性から橋梁の長寿命化が可能となり、塩害に対して約2.6倍、中性化に対して約1.8倍の対抗性があるため、維持管理の軽減や、将来の予防保全対策となります。





掲載誌「コンクリート工学」について(公益社団法人 日本コンクリート学会)
 http://www.jci-net.or.jp/j/publish/bulletin/index.html


スーパープレテンション橋について
 http://www.nipponps.co.jp/kaihatsu-super-pretension.htm
 
  この画面を閉じる