「地域特産物応援団事業(みかん収穫ボランティア)」に参加しました。
( 2014. 11 )
   11月30日(日)、福井県が取り組んでいる事業の一つである「地域特産物応援団事業(みかん収穫ボランティア)」に社員5名が参加しました。
 この取り組みは、地域貢献の意識が高い企業と人手不足といった問題を抱える農家とをマッチングさせ、農業の活性化を図ることを目的としています。
 社員5名は、農家1名なら三日要する作業を3時間、約500キロのみかんを収穫しました。
 なお、この様子は福井放送のローカル番組にてテレビ放送され、社内外で好評を得ています。
 
   
この画面を閉じる